aztecaaonana

はい、まさきちです!

懐かしの名機達ですよ!

今回はアステカです。

CTの時代を気付いた立役者と言っても過言ではないです。

え?何だその台って?

ハイ。もう何年も前の台の話です。

それをお披露目するのが懐かしの名機でございますよ~!

久しぶりなので改めて書いてみましたw

日本昔話のスロット版みたいなものです←そんな昔ではない

----------sponsored link----------

CT機の立役者!

azteca001

(C)エレクトロコイン・ジャパン
アステカ(エレコ・4号機) 1999年デビュー

ボーナス確率 機械割
設定1 1/315.1 92.10%
設定2 1/273.1 97.90%
設定3 1/244.5 99.40%
設定4 1/221.4 101.10%
設定5 1/202.3 104.30%
設定6 1/180 107.40%

*メーカー発表値

アステカデルソル→アステカレジェンド→アステカリターンズ

CT機の詳細はデルソルの記事を見て貰えると早いです。
懐かしの名機達~デルソル編(エレコ・4号機)

当時のCT機と言えばマンクラことウルトラマン倶楽部

クロスCT、エスプ、ピンクパンサー3が脚光を浴びていた。

その中でも尖っていた人気を誇っていたのがアステカ。

古代遺跡にあるような7絵柄、個性的なデカチリ。

サボテン・白7・白7こと「サシシ」等が見所が満載だったのですねー。

サシシは左リールの配列ですが

ここでリール止まると1リールでボーナス確定w

不意に出るのが憎いのですね。

それ以外にもインパクトのある出目が沢山ありました。

azteca

・左リール枠内にデカチリ絵柄(出ればリーチ目)

・中リール青7・チリ・白7停止(サボテン零しもある)

見て違和感感じると大抵リーチ目です。

マニアックな出目や変則押しもOKなので
幅広いユーザーから支持を得ていたのは間違いないと思う。

ユニバカ2015にてCT中の台落ちていたので打って見た

1本勝負のいきなりガチ撮りです。

CT中→BIG→CT抽選まで

途中BIG中のリプレイハズシミスっていますが・・・笑

余談ですがCT中は第1リール停止は
リール制御アリで第2・第3停止は無制御です。

第1停止さえしてしまえばあとは小役回避や逆に小役狙えたりする。

なので枚数調整の為、帽子狙ったりしています。

CT中は201枚獲得すると終わるので200枚維持がお得。

あとはサボテンで維持するとコインロス一番効率が良い。

ただ、目が疲れるのが難点です。

なので、自分はサボテン維持はやらず3枚掛けで12枚減らしてデカチリ狙いが基本でした。

コイン減らさず、150G間ボーナス当選まで待てる仕様です。

適当に押すと純増201枚越えでCT終了(パンク)もありえる台なので

細心の注意が必要だったのです。

全く今の時代は使わない知識でございます。

 

 

CT無し・・・312枚のみ

CT付き・・・312枚+150GのCT(メダル減らない上に200枚増える)

どうみてもCT付きが優秀すぎます。

当選率1/2ですが、僕の1/2ってここから始まりました。

ほぼ50%の魔戒チャンスことGAROシリーズよりもここが先です。

当たれば正義。外れれば地獄。持ちコインで当たれーって所か?

ジュース自販機のような当選システムに一喜一優しました。

今後CT機は出てくるのか?

5号機初頭の規制の影響で同じのは出せないです。

5号機で出たのは小麦ちゃん?確か純増119枚とかで

CT機とはほど遠い仕様だった。実質REGみたいなものだった。

うーん、残念。これだけ面白い台なのに・・

メーカー発表値も技術介入することにより設定2で106%以上はあった。

1で100%越えもあったと思う。

メーカー発表値+9%くらい。素晴らしい。

あと技術介入がそれなりに必要だったので

お店も利益取れない話は雑誌で見たりや口コミで聞いたりしました。

故にベタピンがメインだったのだけど上記の通り荒れる台なので

稼動マジックもあったのだろうけど、出玉感はあった。

もっと打っておけば良かったと思う一台でしたね!

ブログランキング参加中です!!

えいりやんを押すと村ランキングジャンプします!

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ